ホーム > 入れ歯治療ページ 保険の入れ歯

入れ歯治療ページ

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

保険適用で作る入れ歯と自費治療で作る入れ歯の違い。 これは入れ歯を作られる時にお知りになりたい方も多いかと思います。

何が違うのか。
それは、保険を利用して作る場合、入れ歯に使える材料に制限があるということです。
使える材料が細かく決められているため、歯科医師はこのルールに外れた治療をすることが出来ません。
一方、自費の入れ歯にはこういった制限がありません。
現在、様々な入れ歯の材料や技術が開発されています。
使用感だけでなく、見た目にもこだわったものを選ぶことができます。


保険の入れ歯は何度も作り直しができる!

「保険の治療が質が良くない」という説明は正しくありません。
使える材料などに制限はありますが、その制限を守った上で、質を高めることは可能です。
一概に、自費の入れ歯の質が良い、保険の治療が質が良くないのではありません。
特に入れ歯作りは、歯科治療の中でも特に歯科医師の技術と経験が問われる治療です。
型どり、噛み合わせの調整など職人的な技術力や経験が必要とされる場面が多いです。
昨日、入れ歯治療を始めたばかりの新人の作る入れ歯と、入れ歯作りに力を入れている 経験豊富な歯科医師が作る入れ歯は、同じ保険の入れ歯でも、仕上がり、使用感は 全く異なることも珍しくないです。

人間の噛む力は、だいたい自分の体重位だと言われています。
入れ歯は基本プラスチックでできています。
素材に問題はありませんが壊れないということではありません。
保険で作る総入れ歯は100%プラスチックです。
その入れ歯が壊れるということは、壊れるくらいの力で噛めていたということではないでしょうか。
痛かったり合わなかったりすればそんな力ではとても噛めません。
つまり、壊れる入れ歯というのは、それくらいの力で噛める入れ歯ということです。
入れ歯なら何回壊れても修理や作り直しができます。
日本では、健康保険制度がありますので、作り直してもアメリカのように何十万円もかかりません。
かず歯科の患者さんには、壊れても何とかするので、気にせず食べて下さいと伝えています。


ご予約・お問い合わせは077-584-4618。診療時間/9:30~13:00、15:00~19:30 休診日/年末年始

院長の大野かずおです 大野かずお

子供好きで「くま」さんにそっくりの院長を中心に、スタッフ一同、地域に根付いたかかりつけ医院になるよう毎日笑顔で頑張っております!

[院長名] 大野 和夫(おおのかずお)

[略歴]

昭和57年 3月
福岡歯科大学卒業
      4月
福岡歯科大学小児歯科学講座入局
昭和60年 4月
鹿児島大学歯学部小児歯科学講座入局
昭和62年~
福岡市内・大阪市の
歯科医院勤務
平成25年 6月
かず歯科クリニック開業
矯正歯科医 歯並び改善
矯正専門医の診察予定日

は診療予定日です。
相談無料
かず歯科ブログ
入れ歯治療専用ページ
診療案内
  • 予防歯科
  • 虫歯治療
  • 歯周病治療
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • 歯科口腔外科
  • インプラント
  • 入れ歯治療
  • アンダーアーマー(マウスピース)
アクセス 外観

かず歯科クリニック
JR草津駅西口から10分
滋賀県草津市西渋川1-17-20
フォースビル1F
TEL : 077-584-4618
FAX : 077-584-4118
詳しいアクセスマップはこちら >

かず歯科からのお知らせ
2017/6/14
地域医療に貢献させていただきます!
かかりつけ歯科医療機能強化型
歯科診療所に認定されました。
2014/2/20
低価格なクラウン!
自費治療の白いセラミックのクラウン(かぶせ物)に低価格なジルコニアピュアパール等を追加いたしました。料金表はこちらから
2013/11/26
かず歯科ブログ発信中!
かず歯科クリニックブログがスタートしました!ブログはこちらから
 
Copyright (C) 2013 KAZU DENTAL CLINIC All Rights Reserved.